なんとはなく

草枕の十一章を思い出す.

仰数春星一二三.
広告を非表示にする