SOM Canonica

標準SOMこと"SOM Canonica" を,6月のNC研究会で発表予定.それに向けて原稿を書いている.とはいえ,執筆しながら「SOM Canonicaって何なのだろう?」と自問自答.泥縄みたいに見えるけれど,そうじゃあない.もう何ヶ月もずっと考え続けていて,これ以上は考えるよりも書くことが大事と見切り発車.そういうのも大事なんだよね.書くことは考えること.書くと考えが深まる.いつもそうだけど,今回は特にその要素が大きい.漠然とわかったつもりだったことが,実はわかっていなかったり,なんとなく雰囲気的に理解していたところにもっと大事なことがあると気づいたり.研究会の原稿って,まさにその目的のためにあるような気がする.

情報幾何の話も少しだけ取り入れてみた.m-射影云々.こういう言葉を使ってアルゴリズムを理解できるように(少しずつではあるが)なってきただけでもありがたい.
広告を非表示にする