SOM2の論文がNeural Networksに載ります

「お年玉」の論文を速攻で修正して再投稿したら,速攻で受理の知らせが届きました.これで "SOM of SOMs"の論文が Neural Networks 誌に掲載されることになりました.最初の投稿から,なんと足掛け5年!長い長い日々でした.

SOM2は,着想からプログラム作るまで,たった1日.アルゴリズムとしてはほぼその時点で完成されていました.少しずつ改良を重ねてできたものではなく,最初から完成形として生まれたのです.

ところが,そのアルゴリズムの意味するところを理論的に記述するまでが,とても長くかかりました.論文を書き直すたびに理論的な理解が深まり,今になってもなお現在進行形で理解がさらに深まっています.最初は「SOMをモジュールとするmnSOM」という程度からスタートして,多様体,ファイバー束,リーマン幾何学テンソル......そうしたいろんな概念と出会い,そのたびに底知れぬ美しさと出会ってきたように思います.

論文として一度出してしまうと「以前より理解が深まりました」という程度では論文第二弾として発表しづらいところがあります.この5年は長かったですが,SOM2の美しい理論体系構築した結果がそのまま論文として出せたということを思えば,待った甲斐があったのかもしれません.
広告を非表示にする