また計算.むむむ......?

等価な解の置換を考慮したエントロピーの式を,イェンゼンの不等式で上限を見積もる.今まで用いていたエントロピーよりも小さくなる.それはそうだ,等価な解を重ね合わせると,解はぼやけてエントロピーが大きくなるのだから.これはいけるかもしれない.しかし,今までの予想,Σgk log gk  で近似するやり方は間違っていたかもしれない.

いずれにせよ,置換を指定する潜在変数πを導入するやり方は悪くなさそうだ.

(下のブログでたさきさんの名前を間違えて書いていました.すみません.修正しておきました).
広告を非表示にする