季節

朝4時半過ぎ.まだ暗い中で家を出る.ひぐらしのカナカナカナ......と蛙の声がいっぱい.これから夜が明けるわけだから,ひぐらしじゃなくてよあかしだよなあ,などと思いつつも,やっぱりこれが夏の未明の音だなと思う.蝉が鳴きだすと,夏も終わりが近くなってきたもの悲しさがある.

夜,11時過ぎ.同じ道を逆方向に歩く.星がきれいで天の川までよく見える.その向こうからカシオペアとペガススが昇ってくる.ああ,もうすぐ秋だなあと思う.

今日は土用.そして8月7日には立秋立秋に向けていよいよ夏が高まっていくけれど,その中にかすかに寂しさが混じる.惜夏という言葉はないけれど,何かしらそんな心持がする.
広告を非表示にする