3月が去る

気が付けば3月も今日で終わり。3月という月が,今年もたしかにあったということをここに書いておこう。本当はこのブログに書くようなことがたくさんあったはずだから。

あの地震から1年。1年という時間は、確かにいつかは必ずやってくるということ自体が不思議でならない。さまざまな思いが去来するが、それはどうにも言葉にならない。

広告を非表示にする