科学と工学

「サイエンスをリードするための工学」というのが大事なポイントなんだろうなと思う.「サイエンスの成果を活用する工学」ではなく.しかし実際のところ,誰でもできることではない.課題としての困難さもさることながら,二つの文化にまたがる研究者はそうそういるものではないというのが根本的な問題なのだと思う.

つまり......こういうことかな.他所の分野の成果をもらってきて,自分の分野で活用する研究はアンテナを張っていればできないことはなく,(比較的,ではあるにせよ)なんとかなるのかもしれない.成果さえわかればいいのだから.しかし他の分野につなげられる成果を自分の分野から生み出すためには,相手の分野の文化がわかっていないとどうにもならない.文化をまたぐことの困難さが本質的な難しさなのだろうと思う.

この話も(きちんと書き始めると)とても長くなるのでこのあたりで止めときます.なんて大雑把な(乱暴な)書き方なんだと自分でも思うので,そのあたりはあんまりいじめない(つっこまない)でください.
広告を非表示にする