特別講義@玉川大学

先週末は玉川大学の特別講義に行ってきました.1コマいただいて大学院生に好きな話をしていいよという,とてもうれしい話です.先方の好意に甘えて(図に乗って?)好き放題喋らせてもらいました.ラボのPVを見せたり(笑).玉川大学の先生方のコメント.「…

また,わからない.

また「わからない」が始まった.わからない.簡単じゃない.基本形と思っていた方が近似で,近似と思っていた方が基本形なのだろうか?わからない.ミクロな粒子状態に基づくエントロピーと,マクロな濃度分布に基づくエントロピーをつなぐにはどうしたら良…

いろんな能力

理想を掲げる.グランドデザインを作る.具体的な実行プランに落とす.プランを実行する.全体が円滑に動くように運用する.いろんな能力が必要とされる.これらすべてを持っている人はいないが,チームとしては揃っていないと混乱したり迷走したりする.で…

方法論

はとても大事なんだけど,そのあたりまだまだ不足感あり.

Curiosity

火星に着陸成功しましたね!

今日から秋

仙台では七夕が始まりました.七夕が始ると秋.立秋です.朝が来るのも遅くなり,家を出るときはまだ星が輝いています,しかも冬の星座.いろいろ前進はあったけれど,「形にする」仕事は全然前に進んでいません.それなのにもう秋.気持ちが急かされます.

すべてがすっきりしたわけではない

問題点がかなり明瞭になったけれど,だからといって問題点がすべて解決できたわけではない.問題の所在がクリアになっただけ.だから,まだ出発点にすぎない.まだ正体のわからないもやもやはある.あるどころか,以前より密度が高くなっている.至る所にか…

簡単じゃない

石をつなげていく.置換とは何なのか.置換と事前分布の関係はどうなるのか.ミクロをマクロに置き換える根拠を数式で示せるか.誤差の上限は押さえられるのか.潜在変数における置換群と位相の関係.こんなところに位相が出てくのか?置換に基づく空間分割.

絵を完成させるプロセスは碁にも似ている.まず最初はとびとびの石をつないで粗く地を作り,徐々に石をつなげて地を完成させるみたいな.地はまだ完成していないが,とりあえずこの石たちは活きたようだ.しかも見込みより大きな地を作って.早くヨセの段階…

ジグソーパズル

まるで,完成図の間違っているジグソーパズルを解いていたような気分.どうしてもはまりっこないピースをたくさん抱えてどうどうめぐりしていたのだと.いったん完成図の間違いに気づくと,今まで持て余していたピースたちが突然に輝きだして,するすると絵…

そして......

新しい問題設定を定式化し,それを解くアルゴリズムを導出した.答えが出た.3月玉川で発表したアルゴリズムそのものだった.

ディスカッション

産総研の赤穂先生にこの話を聞いてもらった.とても関心を持ってもらい,「これはおもしろい」とのコメント.けっして「教科書には載っていないが,専門家の間では良く知られた事実」ではなければ,「既存の説を否定する荒唐無稽な妄想」でもなかったようだ…

悪夢の晩

研究会発表を目前にしたあの悪夢の晩.あのとき私たちは,期せずして正しい答えにたどりついしていた.なのに,それを旧来の枠組みで理解しようとしていたから悪夢のような結論と思い込んでいた.正しかったのは私たちの方.間違っていたのは問題設定という…

対称性をぶち壊す!

知りたい事後分布 p は対称性を持つ.q(y1,y2) が答えならば,変数を入れ替えた q(y2,y1) も答えになっていて,測れるのは両者の足し合わせ.私たちの知りたいのは q のひとつであって,等価な解の足し合わせたものを知りたいわけではない.でも今までの問題…

問題を解くことよりも問題を作ること

そしてわかっこと.それは「『変分下限という目的関数最大化問題を解けばよい 』 という問題設定そのものが間違っていた」ということ.これは大きな発見だ!今,知りたいのは,データXが観測された時の,写像Yや潜在変数 Z などの事後分布 p(Y,Z|X) .これが…

成果がないという成果

さんざん苦労して,何度もぶつかって,くじけそうになって,その結果が「答えはここにない」.これではまるで敗北のように聞こえる.でもそれは違う.なにかがわからないわからないと,もやもやを抱えたままの撤退は敗北かもしれないが,「ここにはない!」…

先へ

ベーテ近似はこれで卒業,かな.探していたものは見つからなかったけれど,「ここにはないことがわかった」というだけでも大きな前進.これ以上ここで探し続けなくてもいいのだから!ガウス混合分布ひとつとっても奥が深い.会場で,NAISTの池田先生とこのテ…

ベーテ6

結局ベーテってただの近似で,今見ているものの正体はそんな単なる近似計算法ではない,もっと根源的なものを見ようとしているようだ.暗い海に何度も身を投げ混み,潜れるだけ深く潜って何かをつかみ取ろうとするけれど,潜れど潜れど底までたどりつかない…

東北大にて

今回は私のテーマとは関係の薄いセッションが多いので(たとえば「神経細胞の病理」とか),その間は会場の隣の東北大に行って,図書館でいろいろ仕事している.東北大の図書館の雰囲気はなかなかいい.学生がいっぱいいるのにとても静かで,みんな熱心に勉…

金剛経より

「それは仏陀の教法,仏陀の教法と言われるが,実はそれは仏陀の教法ではない.ゆえにそれは仏陀の教法なのである.」

ベーテと呼んでしまっている何か

実は,実在するベーテ近似なのかどうかは本題ではなくて,「今見ている<何か>の正体は,きっとこれなんじゃないかなあ」という推定実体を仮に「ベーテ(近似のようなもの)」と呼んでいて,では「今見ている<何か>」の正体が「<ベーテ>」なのかどうか…

ベーテ5

......と思ったけどやっぱりベーテじゃない.味太郎の絵本に「きいろいのはちょうちょ」という絵本があるけれど,まさにそれ.

変分法

いろいろと変分法で計算していると,今まで気が付かなかったことが見えてくる.教科書的な説明は,そこまで最短コースでたどりつくのにはいいけれど,それ以上先に進むには「わかりやすい説明」から卒業する必要があるのだろう.手をマメに動かすこと.自由…

ベーテ4

なんだかんだ言ってベーテのようなものであるには違いあるまい.

仙台

市役所前でバスを降りて定禅寺通りを抜け,西公園から会場へと向かう.バスを乗り換えれば良いところを,てくてく歩いていく.緑の多い気持ちの良い道なのでちっとも苦にならない.定禅寺通りのメディアテーク界隈は昔から良い雰囲気があり,それが今でも変…

ベーテ3

とは言いつつもベーテなのかもしれない.

同題仙遊観

仙臺初見五城楼 風物凄凄宿雨収.

回文

我がセロ弾く日々遠く,弾く音響く広瀬川.

ベーテ2

そうかベーテとは違うのか

ベーテ

そうか,ベーテか.